読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4ねんまえの君へ。

初めて君を見たとき、君はまだ高校生だった。

髪も黒く、清潔感のある短髪で。

小さい子たちを優しく包む大きな笑顔が印象的な、おとこのこ。

でもパフォーマンスになると、少し大人びた表情をする。

ウルサイくらい背伸びをする姿が、なんだかとても可愛いなと思った。

 

 

そこから、今日まで。

こんなに暖かい気持ちで誰かを応援するのは久々で。

なんで君を選んだのか、理由なんて分からないのだけど

ふうまくんを見つけてから、今日までずっ〜〜と楽しかった。

ふうまくんを見ていると、飽きない。たのしい。

それがいつだって私がふうまくんを選ぶ、答え。

きっと、これからも。

 

 

 

4年前。 

16歳の彼が、一瞬で背負ってしまった運命。

もしかしたら君は、

迷う暇もないくらいの光の中で、人形のように笑っていたのかもしれない。

 

 

それでも、君の立つその場所は

未来の君たちが 正しかったと証明してくれるから。

君たちを応援していてしあわせだと思う人が 沢山いる未来がここにあるから。

 

4年前よりもっと、素敵な5人を私たちは見ているから。

 

 

だから今日、4年前の君に大きな声で こう言いたい。

「おめでとう」

 

 

そして、この4年間のすべての君に

「ありがとう」を贈りたい。

 

 

もちろん、ずっと変わらずそばにいてくれた4人にも。

「おめでとう」そして「ありがとう」。

 

 

 

これからもずっと「おめでとう」と「ありがとう」を重ねてゆく

そんな未来で、

ひとつ、またひとつと重ねるたびに

大きくなるふうまくんに、せくしーぞーんの5人に会えることを願って。

 

せくしーぞーん、おたんじょうび、おめでとう。

 

2015.09.29